2017年定期演奏会

Händel

Israel in Egypt

HWV 54

2017 11 12 Sunday

アルモニーサンク北九州ソレイユホール (旧 九州厚生年金会館 大ホール)

通常練習 月・木曜日午後6:45 – 9:00
総合練習  毎月1回日曜日午後3:00 – 8:30指揮者又はボイストレーナー(カウンターテノール 上杉清仁)           詳細は総合練習のページ参照
 オルガニスト 福田のぞみ
練習場  聖公会小倉インマヌエル教会 北九州市小倉北区鍛冶町2-3-9
連絡先 welcome@seiken.info

入会費:1000円 月会費:4500円(初年は3500円)学生1000円 (会費は練習会場費、指揮者・伴奏者謝礼など、通常の運営費用に充てられます) 他楽譜代等実費、チケット販売等あり

小倉インマヌエル教会
 私達はバッハ、ヘンデル、モーツァルトなどの宗教曲を、当時の楽器と共に当時の様式で演奏する合唱団です。北九州とその近郊(下関市、福岡市等)在住のメンバーを中心に構成されています。バロックピッチでの古楽器の演奏では、楽曲の楽しさだけでなくモダンオーケストラとの響きや奏法の違いもお楽しみいただけることと思います。

2016年はバッハのロ短調ミサ曲(全曲)を演奏いたしました。 2017年は上記日程でヘンデルのオラトリオ エジプトのイスラエル人を演奏いたします。ヘンデルの22曲あるといわれるオラトリオですが、その中でもメサイアがあまりにも有名です。反面、他のオラトリオが日本で上演される機会は決して多いとは言えません。その中の一曲を北九州で演奏することは、かなり貴重な機会と言えるでしょう。

北九州聖楽研究会では一緒に歌って下さるメンバーを募集しています。 初めて宗教曲に触れる方にも分かりやすいように、アナリーゼはもちろん、楽曲への理解が進むような工夫をしながら丁寧に練習していきます。 また、演奏を共にするオーケストラは、現代楽器・古楽器ともに経験豊富な楽団です。 第一線でご活躍の指揮者・ソリスト・オーケストラとの共演は、貴重な体験となることと思います。 是非、一人でも多くの方と、音楽の喜びを共有したいと願っていずは、お気軽にご見学にお越し下さい。メンバー一同、心よりお待ち致しております。