小泉ひろし

東京出身。桐朋学園大学卒業。オーボエを鈴木清三氏に、指揮を斎藤秀雄氏に師事。卒業に際し、音楽賞受賞。東京都交響楽団副指揮者となる。
第1回民音指揮者コンクール第3位入賞。1970年、桐朋学園オーケストラのヨーロッパ公演に、斎藤秀雄、秋山和慶らと同行、オーストリア、ドイツ、フランス、イタリア、スイス等、東欧諸国を含む13ヶ国で指揮。
その後、ウィーン国立音楽大学に入学。指揮をハンス・スワロフスキー、オペラをカール・エッティ、バロックをヨゼフ・メルティン各教授に師事。1971年、1972年オーストリアのオシアッハ国際音楽祭でクラーゲンフルト国立歌劇管弦楽団を指揮。1974年ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団を指揮。卒業に際し、最優秀賞を受賞
帰国後、全国のオーケストラ・合唱団・オペラを指揮。NHK名曲アルバム等、テレビにも数多く出演。1994年10月、メキシコにおける日本音楽祭に招待され、メキシコ国立交響楽団を指揮し好評を博す。現在、桐朋学園大学、フェリス女学院大学各講師。

アンサンブル・パルナス東京

東京を拠点に活躍する、オーケストラや室内楽のトップクラスの奏者達によって構成される。
メンバー全員がピリオド楽器(古楽器)とモダン楽器両方での経験を豊富に持ち、
その精緻でエネルギッシュな演奏は各地で常に高い評価を得ている。
宗教音楽に関する知識を活かした、声楽との優れたアンサンブル力は、他の追随を許さない。
2015年9月に行われたモンテヴェルディ「ヴェスペレ」公演を機に「アンサンブル・パルナスム」より改称した。